Category Archives: ALL

さいたまっち

埼玉県のマスコットキャラクター「さいたまっち」のLINEスタンプができたそうです。

22日からアプリでの販売がはじまっています。1セット120円です。

恥ずかしながら、「さいたまっち」の存在は、知りませんでした。
「コバトン」は知っていたのですが・・・。

「さいたまっち」は昨年登場し、スタンプには語尾に「トントン」とついているものがあります。
「コバトン」は既にスタンプ化されています。

ご興味のある方は是非。

狂犬病

狂犬病予防接種率が低下しているそうです。

狂犬病は発症すると致死率ほぼ100%という大変危険な病気です。このため狂犬病予防法という法律まであります。

国内では1957年以降犬の発症が確認されていないためか、予防接種率が72.6%と下降気味だそうです。危機感が薄れてきているのではないかと懸念されています。

一方、海外、特にアジア新興国では未だ猛威を振るっています。
検閲はあるものの、感染した動物が国内に入ることも可能性はあります。

狂犬病と言う名称ですが、犬のみならず猫やその他の動物も人に感染させる可能性が高いようです。

にもかかわらず、登録や予防接種が義務付けられているのは犬のみというミスマッチがあるようです。

国外財産調書

平成26年分の国外財産調書の提出状況について国税庁から発表がありました。

国外財産調書という言葉を始めて聞いた方もいらっしゃるかもしれません。
国外財産調書とはその年の12月31日においてその価額の合計額が5千万円を超える国外財産を有する居住者が、翌年3月15日までにその財産の種類、数量及び価額その他必要な事項を記載して税務署長に提出しなければならない調書です。
国外財産の保有が増加傾向にある中で、国外財産に係る所得税や相続税の課税の適正化をはかるために設けれれた制度です。

先日、この国外財産調書の提出状況について発表があり、その内容を見てみると、

  • 提出件数:8184件
  • 総財産額:3兆1150億円

でした。提出件数はそのまま提出人数ですので、これだけの人数でこれだけの財産を国外に所有していることになります。

この国外財産調書ですが、自己申告になるため、適正な提出を確保するためとして以下のインセンティブ措置等(いわゆる「アメとムチ」)が設けられています。税理士としても、「国外に5千万円以上の財産をお持ちですか」などと尋ね辛い部分ではありますが、尋ねないわけにもいきません。

  1. 加算税の軽減措置
    調書を期限内に提出した場合に、記載された国外財産に係る所得税・相続税の申告漏れが生じたときであっても加算税を5%軽減
  2. 加算税の加重措置
    調書の提出がない場合又は提出された調書に国外財産の記載がない場合に、その国外財産に関して所得税の申告漏れが生じたときには、加算税を5%加重
  3. 罰則の適用
    正当な理由なく期限内に提出がない場合又は虚偽記載の場合に、1年以下の懲役または50万円以下の罰金

提出する人が約8000人なので、ほとんどの人が関わりのない制度ですが、該当することになった場合には注意が必要です。

さいたま市で認可保育所

さいたま市が市有地で認可保育所を運営する事業者を公募しているそうです。

さいたま市の中心市街地は地価が高く、事業者が自前で建設用地を確保するのが難しいため、市有地を貸し付けることで保育事業を増やそうという狙いのようです。一方、市のほうも保有財産の有効利用ということになるのでしょうか。

参入できる事業者は社会福祉施設などを運営している社会福祉法人や公益社団法人、公益財団法人に限られます。

さいたま市によると市内の待機児童は4月時点で95人。前年比で33人減少したものの、新規の利用申し込み数は増えているそうです。

さいたま市から

さいたま市からのお知らせとして、マイナンバー制度が始まるというトピックがアップされていました。

通知カードの郵便局への差出し状況を見てみると、まだどの自治体も発送していないようですが、いよいよ発送が開始されそうです。

今回アップされたトピックでは、マイナンバー制度に関しての説明や注意喚起がなされています。

既にさいたま市内でも不審な問い合わせがあるようで、「あなたのマイナンバーはあっていますか」というワンクリック詐欺の迷惑メールがあったそうです。
通知カード取得後は、マイナンバーが手元にある状態ですので、さらに注意が必要になると思います。

正しい知識を身につけておくことが、自己防衛にもなります。

公共機関から電話やメールにて、マイナンバーに関して個人情報等の照会をすることはありません。

さて、通知カードですが、簡易書留で地方公共団体情報システム機構から郵送されてきます。
初回発行手数料は無料ですが、再発行手数料は500円だそうです。
再発行の場合は手続き等も必要になりそうですね。受け取り忘れには注意したいところです。

新車登録減少

埼玉県自動車販売店協会によると、9月の埼玉県内の新車登録台数が前年同月比で減少したそうです。

前年実績を下回るのは6ヶ月ぶりで、消費税率が8%になった影響が一巡したとみられる4月以降初めてのマイナスだそうです。
車種別に見ると、乗用車3.8%減、軽自動車7.3%減で軽自動車については4月からの軽自動車税の引き上げの影響があるとの見解でした。

反対に増加したのは貨物車で5.9%増でした。復興需要や東京オリンピックなどの建設需要が後押ししているようです。

この3つの数字をみて、個人消費が落ち込んでいるのかなと考えてしまうのは私だけでしょうか。

花火大会

さいたま市緑区の浦和美薗地区で、初の花火大会が開かれます。

「浦和美薗まつり&花火大会」と称して、24日埼玉スタジアム周辺の調整池「大門上池」で打ち上げられます。
花火大会に合わせて地元企業や農産物生産者など約20団体が出店する縁日も行われる予定です。
その他、周辺学校のイベントや埼玉高速鉄道が毎秋実施する車両基地見学会も同日開催されます。

今後花火大会は継続的に行われる予定だそうです。

地域交流拠点

さいたま市は埼玉高速鉄道浦和美園駅の近くに地域交流拠点を開設するそうです。

名称は「アーバンデザインセンターみその」です。

産官学の連携でICTを活用し、生活サービスの一括提供システムの利用促進や、浦和美園地区の街づくりを後押しするのが狙いのようです。

具体的には、ネットスーパーや子共の送迎などの生活サービスをネットで一括提供するデモ版などを公開するそうです。

浦和美園地区では、定住人口が当初の予定に比べ伸びていないこともあり、町おこしならぬ地区おこしを期待しています。
浦和美園地駅といえば埼玉スタジアム2002の最寄り駅で、サーカーの試合観戦などでの利用はあると思うのですが、ホームタウンとなるとまた別の話となるのでしょうか。

ちなみにホームタウンと似たような言葉でベットタウンがありますが、ウィキペディアによると、

  • ホームタウン・・・故郷、育った町。Jリーグなどのスポーツクラブチームが本拠とする地域。
  • ベットタウン・・・都心へ通勤する者の住宅地を中心に発達した、大都市周辺の郊外化した衛星都市を指す言葉。和製英語であり、英語ではホテル街と誤訳・解釈されやすい。

でした。

ソフトボール大会

スポーツの秋ということで、ソフトボール大会に参加してきました。

この大会は埼玉県内の税理士が所属する各支部の対抗戦です。
同時に野球大会も行われました。

大会はトーナメント方式で行われ1日3試合と言うハードな日程でしたが、1日中天気もよく大会日和でした。

さて、私が所属する浦和支部ですが、準優勝と言う結果でした。

同点で最終回を終えましたが、時間の都合上、ジャンケン決戦となり惜敗してしまいました。
普段はデスクワークが多い税理士が、体を動かすこともあり大いに盛り上がりました。
野球は3位だったようです。
ソフトボール、野球とともに来年は優勝できるといいですね。

まずは明日の筋肉痛との闘いです。

体力・運動能力調査結果

一昨日の10月12日は体育の日でした。スポーツの秋ということですが、文部科学省から平成26年度の「体力・運動能力調査結果」が公表されています。

ニュ-スなどでも取り上げられていましたが、65歳~79歳の方の調査結果が17年間の年次推移を見ると向上傾向にあると言うことでした。

調査項目は

  • 握力
  • 上体起こし
  • 長座体前屈
  • 開眼片足立ち
  • 10m障害物歩行
  • 6分間歩行

です。公表資料を見てみると見事に右肩上がりのグラフを描いていました。

公表資料は、6歳~19歳、20歳~69歳、65歳~79歳の3区分に分けてまとめられ、さらにその区分の中で一定の年齢層などにまとめられています。

私の年代はほぼ横ばいでした。

ご自身の年代が気になる方は、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

文部科学省:平成26年度体力・運動能力調査結果の概要及び報告書について

1 90 91 92 93 94 107

さいたま市緑区の税理士 渡辺税務会計・KWAT

埼玉県さいたま市緑区東浦和1-8-18-303

営業時間 平日9:00~18:00

関東信越税理士会浦和支部所属

お問い合わせはこちらから

免責事項

当サイトに掲載する情報に関しまして、細心の注意、調査を行って掲載しておりますが、当サイトのすべてに関して、誤りや変更などに伴うくい違いが含まれる場合もございます。従いまして、これらの正確性および完全性を保証するものではありません。当サイトで公開している情報もしくは内容をご利用されたことで、利用者もしくは第三者の方が直接又は間接的に被害を生じた場合について、当人は一切責任を負うものではありません。